都内でエリート外国人と出会える場所は?六本木、赤坂、銀座?おすすめスポットまとめ一覧

LOVE

イケメンエリート外国人と結婚して子供はハーフ!夢のセレブ妻生活!なんて女性ならば誰しもが一度は空想したことがありますよね。

ただ身近にそんな想像を掻き立ててくれる人なんて実際にはほとんどいません。

そこで夢を叶えてくれるエリート外国人が東京のどこに潜んでいるのか。調査してみました。

【欧米人版】東京23区内外国人が多い街ランキング

東京には50万人以上の外国人が住んでおり、欧米系は10%を占めています。

そのうちの90%が23区内に住んでいます。

つまり、ざっくり5万人弱の欧米人が23区内にはいるわけです。

では彼らはどのような区に住んでいるのでしょうか。

ランキング 欧米系人口
1位 港区 17%(約8,000人)
2位 世田谷区 11%(約5,000人)
3位 渋谷区 9%(約4,000人)
4位 新宿区 8%(約4,000人)
5位 目黒区 6%(約3,000人)

さすがエリートらしい結果ですね。港区が圧倒的に多く、高級住宅地が上位を占めています。

「そういえばオフィス街では結構スーツが似合う外国人見るけど、通勤では滅多に見ないんですけど」

日本の商社マンが海外赴任すると高級マンションにお手伝いさん付きなんてよく聞きますよね。

私の同期の商社マンもシンガポール駐在で家賃50万と言っていました。

つまり、これの逆ですから。

彼らは外資系企業のマネジメントとして来ているスーパーエグゼクティブで、家賃は会社持ちが大半。

とてもとてもいいところに住んでいます。

しかも職住近接で、電車なんて日常生活では使いません。多少遠くともハイアーで送り迎えされることが多いです。

港区が圧倒的に多いことから考えても、以下のようなことが言えます。

住んでいる街 ≒ 働いている街 = 外資系企業&大使館の集積地

これが日本在住エリート外国人の方程式です。

外資系集積地ではない場所にお勤めで、東京の西側や東側から通勤していてはたいてい出会うはずもありません。

イケメンエリート外国人と出会おうと思うなら、まず街のチョイスが最重要と心得ましょう!

主な外国人エリートの居住区は以下の通りです。

(港区)六本木、麻布、青山、赤坂、白金

(世田谷区)成城、奥沢、玉川田園調布

(渋谷区)広尾、恵比寿、渋谷

(新宿区)市ヶ谷、神楽坂

(目黒区)中目黒、自由が丘

エリート外国人と出会える場所①フィットネスクラブ、ジム

イケメンエリート外国人と出会える場所としては、彼らの居住区にあるフィットネスクラブ等のスポーツ施設が狙い目。

彼らエリートは健康こそが幸せの土台であり、なによりの資本だということを知っています。

ジムの中でもゴールドジムとエニタイムフィットネスの会員証は世界中どの店舗でも利用できるがゆえ、外国人の割合が高め!

上記の居住区のジムであればたいていは外国人が一定数います。

ゴールドジムはやや敷居が高い印象がありますが、女性の少なさから逆に競争率は低いと考えても良いかも?

ちなみに女性の魅力のグローバルスタンダードは「お尻」だそう。なのでジムに行ったらヒップアップ!スクワットが効きます!

ちなみに友人のアメリカ人はこう言っていました。

「友達と来ている女の子よりも1人でストイックにやっている女の子の方が、気になって話しかけたくなっちゃう。」

海外でメジャーなスポーツに興味を持つのもオススメ!

ヨーロッパ系ならサッカー!おすすめはプレミアリーグ、なぜかというとイギリスのリーグなので英語圏だから。

アメリカならアメフト(NFL)やバスケ(NBA)。

お気に入りのチームや選手を見つけておくと話も弾みます。

やる必要はないけれど、そのスポーツが好きでテレビで観戦しているとか、WOWOWで観ているだけでも、その後の発展が期待できそう。

日本人の価値観からすると考えられないほど、彼ら欧米人はチームや選手に入れ込んで応援をします。

特に生まれ育った土地のチームはもはや人生の一部なのです。

海外でメジャーかつ、日本ではマイナーなスポーツが実は穴場!

日本ではまだそれほど普及していないスポーツであれば、より一層外国人との出会いの確率が高くなります。

たとえば、スカッシュなんかは、日本でいう卓球やテニスくらいの感覚でヨーロッパでは普及しており、向こうでは街中のフィットネスクラブにも併設されていることが大半です。

ロンドン帰りの友人に誘われて、広尾や白金のスカッシュコートで何度か遊んだことがありますが、隣のコートに必ずと言って良いほど外国人がいました!

最近ではスペインの国民的スポーツであるパデルも話題を集めており、大井町に「スポル」という施設ができています。

エリート外国人と出会える場所②バー、アイリッシュパブ

外資系企業のオフィスが立ち並ぶ、六本木や丸の内等ビジネス街のバーやアイリッシュパブでも出会えます。

やはり六本木ヒルズは一番のおすすめスポット。入居している外資系企業がトップオブザトップ!

Google、Apple、ゴールドマンサックス、バークレイズなどなど世界に名だたる大企業ばかりです。

オススメのバー、アイリッシュパブの一覧はこちら。

・R2 SUPPER CLUB(六本木)

・リゴレットバーアンドグリル(六本木)

・MUCHO MODERN MEXICANO(丸の内)

・P.C.M Pub Cardinal Marunouchi(丸の内)

・Bar TRENCH(渋谷)

・THE FooTNiK(恵比寿)

・HUB(都内各地)

イケメンエリートに限らずですが、外国人はフランクでコミュニケーションをとるのが大好き。

上記のおすすめスポットに行けばたいてい話しかけられます。

女性が大好きでレディファーストを尽くしてくれる彼らに、簡単に惚れてしまわないように要注意。

遊ばれて終わりなんてこともザラにあります。

本命になれるかどうかはあなた次第。

エリート外国人と出会える場所③高級ホテルのカフェ、ラウンジ、バー、ジム

高級ホテルにはカフェやラウンジはもちろん、ジムやプール、最上階にはバーが必ずあり、これらもおすすめのスポットです。

・ザ・リッツカールトン東京 ザ・バー(六本木)

・マンダリンオリエンタル東京 マンダリンバー(日本橋)

・パークハイアット東京 New York Bar(新宿)

・ザ・ペニンシュラ東京 PETERバー(日比谷)

・コンラッド東京 TWENTY EIGHT(汐留)

・シャングリ・ラ ホテル東京 ザ・ロビーラウンジ(丸の内)

日本に住んでいなくとも、日本に出張で来ている海外エグゼクティブは多く、ホテル宿泊時にはこれらの施設を利用します。

エリートは気にいると何度も愛用しますから「仕事で定期的に日本に来ていつもここに泊まるんだ」なんてお偉いさんも多いものです。

個人的にはマンダリンオリエンタルのバーによく行きますが、いつも日本人よりも外国人の方が多い印象です。

ちなみにランチビュッフェやアフタヌーンティーは、ほぼ日本人しかいないので女子会以外ではおすすめしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました