ハイスペックエリート男性に選ばれる女性になるためには?エリートの結婚観と妻に選ばれる女性の3つの特徴!

LOVE

多くの女性が高学歴エリート男性との結婚を切望するのは当たり前。

一方で、エリート男性と付き合えても「結婚相手と思ってもらえているのかな」と不安な女性も多いのではないでしょうか。

では、どのような女性がエリート男性に選ばれるのでしょうか。

一般的なエリートの結婚観から、結婚に至る女性とそうでない女性の違いをご紹介します。

エリート男性が本当に結婚したいと思う女性は?

1. 努力家な女性

エリートは生産的に努力をすることが当たり前と考えているため、相手にも努力ができる人であって欲しいと思っています。

エリート男性は、大半が高学歴。学生時代から野心的に将来を見据え、周囲に流されず、受験や就職、起業等と様々な競争を勝ち抜いて来た自信とプライドがあります。

「あなたの中に眠っている努力した経験」を探してあげましょう。彼と張り合う必要は全くありません。

あなたの努力や頑張りは、「将来苦難に陥った際にも一緒に乗り越えていける」というイメージを彼に沸かせることができます。

2. コミュニケーション好きな女性

エリート男性が選ぶ女性は、一緒に会話を楽しめる程度に知性的で、友人との会食やパーティーでもきちんと品よく好印象を残してくれる女性です。

エリートは人との繋がりを大切にするのが特徴。大学時代の友達と家族ぐるみでBBQに行ったり、外資系企業では家族でホームパーティにお呼ばれなんてよくある話。

そういう場面を想定して、日頃から「彼女は可愛いけど上司に紹介するにはわがままで子供っぽいな」というイメージを持たせてしまわないように注意しましょう。

会話上手であれば二人が理解し合うのに時間がかからないだけでなく、「どこに出しても恥ずかしくない」という印象から結婚がグッと近づきます。

3. 人を楽しませることが好きな女性

自分を楽しませてくれる女性のことを、エリート男性は特別な女性だと思ってしまいます。

ある程度場数を踏んでいるエリートは、人を楽しませることに慣れている一方で、意外と楽しませてもらうことには慣れていません。

エリートは「時間」という価値に対して、人よりも繊細で敏感。その時間に何らかの価値を生み出そうと、あなたが割いた時間の分だけ、楽しませようと様々な仕掛けをしてくれます。

そんなとき、良いリアクションをするだけの大衆女性になり下がってはダメ。

ずっと一緒にいて欲しいと思わせるためにもう一歩踏み込んで、彼を楽しませるための具体的なアクションが欲しいところ。

そういう女性であれば、一緒に過ごした「時間」が財産になる!との想いから明るい未来をイメージしやすいですよね。

美人なだけでは彼女になれても結婚相手にはなれない?

美人はエリート男性にも一般の非エリート男性にもモテますが、そういった女性がエリート男性に最終的に選ばれるとは限りません。

エリート男性は、現在価値と将来価値という考え方を重んじ、「美しさは時とともに減価していく」ことを知っています。

生涯の伴侶として人生をともに歩む場合、若い時期よりむしろその後のほうが長く一緒に過ごします。

そのときのために、外見以外の更なる魅力を磨いておく必要があります。

上に挙げた選ばれる女性の特徴として、「価値が減価しない要素」であることが見てとれます。

エリート男性がプロポーズするタイミングは?

結婚をすることで、二人の幸せの総量は上がりますか。また、将来に渡って今が最も高くなるタイミングですか。

この二つの問いの答えがイエスとなったとき、彼はプロポーズをします。

エリート男性の頭の中には、「物事のメリットとデメリットを俯瞰的に計算する無機質なコンピューター」があります。

現在から将来に至るまでに、結婚することでお互いが得るものと犠牲にするもの、これらの足し算と引き算をぐるぐると思案を巡らせ、今だと思う時に指輪を出します。

この二つの問いにしっかりと理由を持ってYESと答えられないあなたは、結婚まではもう少し時間がかかるかも?

日頃から、あなたが現在から将来に渡って彼に与えられる価値を意識して、それとなく彼にイメージさせることが大切です。

収入やスペックで選んだと思わせてしまったら結婚は難しい!

当然ですがこれはNG。

「お金持ちなら誰でもいいのだな」という思いを抱かせてはいけません。これでは結婚に至るはずがありません。

あなたが受け取る(=彼が与える)価値がお金ではないことを、それとなく常日頃から彼にほのめかしましょう。

実際は、彼が高収入であることの恩恵は付き合う前からありますが、惹かれたポイントとしてそこに重きを置かないように。

具体的には、内面や人となりを褒めたり、日常から気遣いや頑張りに感謝を伝えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました